2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:デッキレシピ の記事リスト(エントリー順)

| |

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

DM

 【27//2013】

最近DM復帰してvaultでちょいちょい回してます。
来月からのグランプリ予選も参加しようとは思ってますが、プレイング等まだまだ磨いていく必要がありそうです。
とりあえずメモの意味でレシピのせます

使用デッキ↓

青黒ハンデス

特攻人形ジェニー×4
デュエマの鬼!キクチ師範代×2
虚構の影バトウ・ショルダー×2
解体人形ジェニー×4
マインド・リセット×3
超次元リバイヴ・ホール×2
超次元ミカド・ホール×4
超次元バイス・ホール×2
デーモン・ハンド×2
魔天降臨×1

終末の時計ザ・クロック×4
エナジー・ライト×4
超次元エナジー・ホール×3

陰謀と策略の手×2

光牙忍ハヤブサマル×1



スポンサーサイト

Category: デッキレシピ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

現在使ってるデッキ

 【13//2012】

新環境になってからドラグに少し手を出してみました。
しばらくは忍者を使うと言っておきながら見事なリバース手のひら。


☆デッキレシピ
モンスター 16枚
ドラグニティ ドゥクス×3
ドラグニティ ファランクス×3
ドラグニティアームズミスティル×3
BF-精鋭のゼピュロス×3
レッドアイズダークネスメタルドラゴン×1
カードカー・D×3

魔法 15枚
テラフォーミング×3
竜の渓谷×3
サイクロン×3
ナイトショット×2
強欲で謙虚な壺×2
大嵐×1
死者蘇生×1

罠 9枚
神の宣告×1
神の警告×2
奈落の落とし穴×2
強制脱出装置×2
聖なるバリア-ミラーフォース-×2

エクストラデッキ 
ドラグニティナイト-ヴァジュランダ×3
ドラグニティナイト-ガジャルグ×1
スターダスト・ドラゴン×1
クリムゾンブレーダー×1
ギガンテック ファイター×1
スクラップドラゴン×1
メンタルスフィアデーモン×1
大地の騎士ガイアナイト×1
交響魔人マエストローク×1
セイドリックトレミスM7×1
インヴェルズローチ×1
迅雷の騎士ガイアドラグーン×1
聖刻龍王-アトゥムス×1

サイドデッキ
異次元の女戦士×2
D.Dクロウ×2
増殖するG×2
コアキメイル・ドラゴ×1
ドッペルゲンガー×1
ブラックホール×1
砂塵の大竜巻×2
ソウルドレイン×2
マインドクラッシュ×2


黒い羽CSで入賞されていたレシピを参考に作りました。
以前のドラグにティと言えば毎ターン鳥を渓谷で持ってきてチマチマアドを稼いでいくイメージでしたが、現在の構築ではカーDや剛健で素早くパーツを集めてキルしにいくようにしています。


☆各採用カードについて
≪BF-精鋭のゼピュロス≫3枚
初手から渓谷ゼピュの確率を上げるために3積みしています。1積みではその確率もたったの9%弱しかありませんが、3積みにすることで22%まで上がります。ダブついたらどうするのかという疑問もあるかもしれませんが、ダブついている時点で渓谷ゼピュが通っているので渓谷のコストにできたり、と困ったことは一度もありません。

≪カードカー・D≫
先ほども述べたようにカードを素早く集めにいきます。フィールドが引けないと動き出せないデッキなので投入に至りました。

≪サイクロン≫≪ナイトショット≫
相手のサイクロンですら致命的になるデッキなのでとにかくバックを剥がしてから動くのを理想とします。

≪聖なるバリア‐ミラーフォース‐≫≪強制脱出装置≫
可能であればスタダを初動とするので、おのずと相手は25を超える打点に解決を求めてくるのでそこを返り討ちにします。また、シエンやナチュビ等のシステムモンスターへの解答にもなる点で投入しています。

≪クリムゾンブレーダー≫
対カラクリ、天使、暗黒界と新制限で台頭してきたデッキを広くメタれる良いカードです。苦なくこのカードを出せるのもこのデッキの利点の1つです。

≪ギガンテック・ファイター≫
カラクリ大将軍武零怒との相打ちや今期増えるかもしれないBFのメタです。特にカラクリでは弱点の一つなので積極的に狙っていきます。

≪大地の騎士ガイアナイト≫
☆6シンクロが足りなくなったとき、もしくはヴァジュランダを介さずにトレミスを作れるときはこちらを優先して出しますが、使う機会は少ないので環境によってはここを別のカードに変える可能性が高いです。

≪交響魔人マエストローク≫
ドゥクスゼピュロスからエクシーズしてオピオンの突破、ドゥクスにヴェーラーを受けたときのケアなどでたまに出します。

≪異次元の女戦士≫
このデッキはナチュルビーストや真六武衆シエンといった致命的なシステムモンスターが存在するために、このカードの採用に至りました。

≪ドッペルゲンガー≫
こちらが後攻を取った際、ガバ伏せされるだけで動きが相当鈍くなってしますので丁寧に戦っていくための1枚です。時にはゲームを決めうるだけの効果を持っているので好きなカードです。

≪ソウルドレイン≫
対マーメイル、暗黒界です。スタダの蘇生効果が一連ではないため阻害してしまいますが環境を読んで投入しました。有効に活用できた場面が無いので、入れるカードがあればここを変えたいと思います。




ガイドが来たらまたヴェーラーが増えそうなので分かりませんが、環境の前期はドラグを使っていくと思います。まだサイドチェンジの仕方などが曖昧なので経験を積んでいきたいです。

Category: デッキレシピ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。